rockme トップ > ATELIER > カホン制作記トップ > ダボ加工

Cajon ~カホン制作記~

■ カホン制作記メニュー
  1. 材料&工具・・・材料や工具のリスト、ホームセンターでのカット等
  2. 本体仮止め・・・木工用ボンドで仮止めします。
  3. 下穴加工&本締め・・・下穴&ダボ穴加工そしてビスで本締め
  4. ダボ加工・・・ビス頭を隠せば高級感が増します。
  5. L字金具取付け・・・腰掛けて使うものなので補強します。
  6. スナッピー調整機構・・・完全オリジナルなので参考にならないかも
  7. 打面&サウンドホール加工・・・実際に叩く面と音が抜ける穴です。
  8. 面取り&仕上げ&塗装・・・きれいに仕上げてオイルフィニッシュ塗装
■ ダボ加工
カホン・ダボ穴仕上げ後
まぁプロじゃないので、何mmのダボをいくつ加工しておくなんて事できません。だってダボ穴の深さがてんでバラバラだから。
なのでここは一つずつ現場合わせです。ダボ用の丸材を穴にあてがい、印を付けてその位置で切断します。穴に木工用ボンドを流し切断したダボを埋める。これだけです。
ダボは多少長めにして、後で仕上げ込みの研磨時にはみ出た分を削ります。
これだけで完成度が全然変わってきます。ネジ頭って見えてカッコいい所とそうでない所がありますよね。今回は、天板・底板固定ではダボで隠し、打面・裏面は板厚が薄くそのダボが使えないので、見えてカッコ良くなるようにブロンズのタッピングビスを使いました。
アトリエトップカホン制作記トップ←前へ次へ→